◆まずはミャンマーに興味を持つ!
そこからスタートしてみませんか?

 

2021年2月に起きたミャンマー国軍のクーデターにより、ミャンマーは大混乱に陥り、今なお大変な生活を強いられているミャンマーの方々が多くいらっしゃいます。

現在、ミャンマーへの支援をや寄付を受け付けている団体はこちら→に掲載いたしましたが、「急に寄付すると言われても・・」と躊躇してしまう方もいるかもしれません。

 

そこで、日本でミャンマーにまつわる商品やサービスを受けると、その利益の一部が寄付につながるECサイトやサービスをご紹介します。

まずは、ミャンマーのことを知ってもらうこと。
その一歩のきっかけとなれればとても嬉しいです。


◆witch craft maket

大好きな国の一つになったミャンマーで発生したクーデターから今日でちょうど5ヶ月。死者は880人、拘束された人は5,000人を超え、難民生活を強いられている人々も増え続けていると伝えられています。

何か私にできることをずっと考えていた中、たくさんの方々の協力を頂き、ようやく本日ミャンマーをサポートするビールをリリース致します!

ビールの収益は全額、BRCJ(日本ビルマ救援センター)を通じて 【One-To-One Save Myanmar campaign】 に送金予定です。

https://witchcraftmaket.shop/items/60dd0604a1ea7c5bb1deb81a

 


 

◆ミャンマーの雑貨「テッサ」

テッサではレアな民族布や不思議パワーアイテム、男性・女性用の巻きスカート「ロンジー」などなど、店主が現地で買い付けした多彩なモノたちを販売中です。

大変な状況が続くミャンマーですが、現地の素敵な「モノ」たちを通じて

ミャンマーに関心を持つ人が増えていってくれたら嬉しいです。

ただ今ミャンマー支援企画実施中。
ミャンマー市民の支援のために売り上げの一部を寄付いたします。

https://www.thitsa.com

 


 

◆Padauk(パダウ)

 

私たちPadauk(パダウ)は、ミャンマー手仕事を支援している工房と提携を結び、それらの工房から買い付けをしています。​購入した商品は私たちが代表をして日本のお客様へ届けています。売り上げが彼らの安定した生活が確保されます。

https://padaukjapan.stores.jp

 


 

いかがでしょうか。

これからも、このような素敵な取り組みをしているプロジェクトがありましたら随時追加していきたいと思います。

ぜひ、少しでもミャンマーのことを気にかけていただけると幸いです。