ミャンマーのインスタントモヒンガー
0 0 vote
Article Rating

◆ミャンマーの国民食「モヒンガー」をご自宅で手軽に!発酵米麺もそうめんとは違う歯ごたえ

「モヒンガー」といえば、ミャンマーでは国民食と言われるほどみんなが食べているヌードル。
ミャンマーでは、麺を朝に食べる習慣があって、モヒンガー専門店が大きな鍋でスープをつくり、家で持ち帰りしたり、外の食堂で食べるのが習慣なんだそう。

理由としては、朝作ったスープは暑くて保存がきかないため、専門店が大量に作ったものを各家庭が買いにくるような文化が生まれたそうです。

モヒンガーは日本ではあまり食べられない「ナマズ」をベースにした魚だしのスープに、発酵した細い米粉麺にかけ、揚げ物やゆで卵をトッピングする食べ物。

スープを作るには色々な材料と手間がかかるのは事実で、そんな近代に生まれた私たちはこんんな便利な食品で気軽に本格的なモヒンガーが食べられる時代になりました。

インスタントモヒンガーの内容量一式
インスタントモヒンガーの内容量一式

これは、1人前のインスタントモヒンガーのセット。高田馬場にあるミャンマー食材店で350円程度で購入。
麺とモヒンガースープ、トッピングのチリパウダーがセットになっています。

ミャンマーは物価が安いとはいえ、日本に輸送するとなると高くなってしまうのが残念なところ。

早速作ってみました。上のトッピングは近くの揚げ物やさんで購入した春菊のかき揚げ。
ゆで卵もプラスオン。

自宅で作ったインスタントモヒンガー
自宅で作ったインスタントモヒンガー

ミャンマーの食堂ではカフィアライム(こぶみかん)の実が卓上にあり、好きなだけレモン汁をかけられるので、レモンで代用。

見た目的にはモヒンガーに見えませんが、味は本格的なモヒンガー。
うん、これはうまい!

東京のミャンマー料理店でもさすがになまずを毎回手に入れるのは大変なので、こういったインスタントを使っているお店も多いんだとか。

このパッケージを見たらぜ、ぜひ一度トライしてみてください。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments