san pya daw kyiのインスタントオンノカウスエ(表)
0 0 vote
Article Rating

◆これ1つで本場さながらのオンノカウスエが味わえる!

ミャンマーの国民的麺料理といえば「モヒンガー」。
そのほかにも癖が少なくてクリーミーで美味しい!と欧米人にも人気となっているのが
今回ご紹介する「オンノカウスェ」。

オンノ=ココナッツミルクカウスェ=小麦麺という意味があります。

ココナッツミルクを鶏とひよこ豆粉と合わせたクリーミーなスープ。
トッピングにゆで卵やひよこ豆クラッカーを乗せるのが食感を楽しむポイント、

電気がつい最近まで使われていなかったミャンマーでは、ココナッツミルクの足がはやいため、基本的には朝に専門店が大きな釜で作ったのを各家庭が買いに来て、売り切りごめんスタイルなんだそう。

そんな苦労して作られた「オンノカウスエ」が自宅で気軽に食べれる時代が到来するなんて便利な世の中になりました。

san pya daw kyiのインスタントオンノカウスエ(裏)
san pya daw kyiのインスタントオンノカウスエ(裏)
インスタントオンノカウスエの中身
インスタントオンノカウスエの中身

このインスタントオンノカウスエにはスープの素以外に小麦麺も入っているのでこれ1つでベースのオンノカウスエは完成します。あとはお好みでトッピングを付け足しても。

高田馬場のミャンマー食材店で350円程度で購入しました。
味としては、想像を裏切るほど立派なオンノカウスエができました。

インスタントオンノカウスエで作った麺
インスタントオンノカウスエで作った麺

パッケージをよく見ると、あれ?偶然にもわたしがヤンゴンで食べた食堂が監修していたものらしい。

san pya daw kyiの朝の様子
san pya daw kyiの朝の様子
san pya daw kyiの朝の様子
san pya daw kyiの朝の様子

朝からひっきりなしに混んでいたお店だったので、美味しいのも納得。

ぜひ、皆さんも見つけたらトライしてみてくださいね。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments