◆東京ではお初?!のミャンマーの軽食をテーマにした本場の料理店

池袋がこの頃、第二のリトルヤンゴン化してきています!
実は、池袋に近頃ミャンマー料理店が相次いでOPEN。
激安居酒屋の希望の星を筆頭に、さくらミャンマーや、Spring Revolutionなどが目白押し。

そんなホットな場所「池袋」に、9月ティーハウスをテーマにしたお店がOPENしました!

池袋でも東池袋の繁華街の中、近くには行列ができるラーメン屋も。

東池袋の人気ラーメン屋 鬼金棒
東池袋の人気ラーメン屋 鬼金棒の真向かいのビル2Fにあります

その向かいの2Fの肉汁水餃子店の昼を利用して、ミャンマーのティーハウスを営業しているそうです。

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseの外観
2Fの肉汁水餃子のお店が目印です

店内はこんな感じの異国感がある広い店内。赤提灯が雰囲気抜群ですね。

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseの外観
ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseの内観

 

写真は混雑している店内がお客さんが一気に引いた状態の店内ですが、またすぐにグループが入ってくる状態。
人気店なのが伺えます。

 

◆ミャンマー人のグループが軽食で楽しんでいる店内。良心的な価格設定も◎!

日曜のアフタヌーンの時間。若いミャンマー人のグループが会話を楽しみにながらお茶と軽食を楽しんでいる様子が印象的な店内

手書き黒板のミャンマー語オンリーのメニューも可愛い!!
日本語メニューも用意されていますが、リーズナブルな料金設定なので1人でも複数のメニューが楽しめそうです。

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseの内観
店内はミャンマーの若者が軽食を楽しんでいました
ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのメニュー
日本語メニュー(1)ミャンマーミルクティは250円!

 

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのメニュー
ミャンマーの朝食や軽食として食べられる料理がたくさんあるのも特徴的。

何を食べようか悩んでいたところ、スタッフの方におすすめを聞いたらすかさず「モヒンガーです!!」ということだったので
モヒンガーをオーダー。

そして、ミャンマーでも食べたことがなかった「マライナン」と呼ばれる料理もオーダー。

 

あと、ここのお店はお水ではなく暖かいミャンマーティがティーポットで出てくるのがとても嬉しい。
(それで満足してしまい、肝心のラペッィエーを頼み忘れてしまった)

 

◆毎日朝作る、本場さながらのモヒンガーは絶対食べてみて!

「モヒンガー」と言えばミャンマーの国民食とも言える代表的な麺料理。日本で言うとうどんに近いメジャーさ。
ですので、東京のミャンマー料理店でも出しているお店は多いのですが・・先にいうと、こちらのお店のモヒンガーは
絶品中の絶品でした!!

 

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのモヒンガー
ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのモヒンガー

もともとが水餃子や台湾の料理をメインとした店舗だからか・・鉄鍋に煮えたぎったあつあつのモヒンガーのスープでやってきました。
アッツアツ好きな私にはとても嬉しい!

今回、モヒンガーに夕顔の天ぷら(ブーディージョー)をトッピングしました。550円+100円=650円!
麺の量は少ないけれど、他のメニューも食べたくなるポーションなので軽食としてはもってこい!

夕顔の天ぷらはミャンマーではメジャー中のメジャーな料理で、モヒンガーに欠かせないトッピングなのですが
時期が時期だけに夕顔の形がちょっとなくて少しだけ残念でした。次回はひよこ豆の天ぷらの方を入れようかなと思います。

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのモヒンガー
本来なら器に移すべきところを熱さ優先で鉄鍋に麺をIN!

鉄鍋の方が熱々を保てるのでラーメン丼から鉄鍋にすべて移して食しました。
まずスープを一口。「う、うまい!!!」

中にはしっかりバナナの茎や魚の身も入っています。向こうではゆで卵(アヒル)はトッピングですがこちらのお店ではデフォルトで入っている!
スープはうまみしっかり、臭みも中和されており、ヤンゴンで食べたモヒンガーの味を思い出しました。

お店のスタッフが一押しだったのが理解。
うんうん一人で頷きながら一気に平らげました。

もう一つオーダーした「マライナン」。ナンは、インドなどでも食べられる薄焼のパンですが、マライと言われるディップをつけて食べます。

このマライは、私お初もので、食べて見たかったもの。

出てきたようすはこちらです!

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのマライナン
ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのマライナン(480円)

ナンはおそらくお店で作った手作り感がある味でした。

このマライをすくってみるとこんな感じ。

ZUU&HEIN Myanmar Tea Houseのマライナン
マライ=牛乳の薄膜を集めた濃厚な部分

マライの正体は、日本でいう「牛乳の油膜」。ミャンマーの伝統的なミルクティ「ラペッイエー」でも使用するため牛乳は豊富に用意されているのでしょうか。このようななかなかマニアックなメニューがあるのは嬉しい限りです。

味は砂糖は入っておらず、少しだけ塩味を感じるような。ほとんど牛乳を煮詰めたクリーミーなお味でした。

モヒンガーがするするとお腹に入ったので、こちらもペロリと完食。肝心のラペッィエーは今度頼もうと思いお会計に進みました。

 

◆このお店の料理が本場さながらな訳

お会計時に、色々ご説明いただいたスタッフとしばし談笑。
モヒンガーの魚は何を使っているかと聞いたところ、ミャンマーから取り寄せたナマズを使って毎日モヒンガーを一から作っているとのこと。
決してレディメイドや、作り置きをしていないのだそう。

ミャンマーでも同じように早朝からモヒンガー屋さんが出ているのと同じ本場の味を追求しているのだそう。
そして、TEA HOUSE の所以とも言えるミャンマーのミルクティ「ラペッイエー」ですが、こちらも粉末のレディメイドではなく一から
作っている本場さながらのミルクティなんだとか。

なんてこったい!次回もすぐ来なければ!

ちなみに、給仕していただいた綺麗なミャンマー女性は、色々お話しをお伺いしていくうちに、お店のオーナーの奥さん「テテ」さんであることが発覚。

お店の名前の由来は「オーナーの二人のお子さんのお名前です」と言われ、テテさんはオーナーさんの奥さんということで・・

「ZUUさんとHEINさん、テテさんの息子さんってことじゃないですか?!」と逆聞きしてしまった次第。
あくまでもスタッフとしてずっと話されていて、とても謙虚な姿勢で接客いただいて、とても素敵な方だなと思いました。

とにかく、ミャンマーの軽食をメインにしたお店は東京になかったので、特に朝やブランチ、アフタヌーンのカフェ的な使い方もおすすめです。

 


◆リンク


◆営業時間・住所・電話番号など

  • 住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目23−5 2F
  • 営業時間:日曜日、7時00分~20時00分
  • 定休日:不定休
  • 電話番号:080-3452-7657


◆地図


◆その他のミャンマー料理店を探す