ミャンマーの豆:レンズ豆(ペーニレイ)
0 0 vote
Article Rating

■インド料理でもおなじみ「レンズ豆」はミャンマースープ料理に。

英名:Lentil ミャンマー語:ပဲနီလေး(ミャンマー語発音:ペー二レイ)

豆類の中でも水で戻す必要がなく、煮るとすぐに食べれる豆として人気のレンズ豆。
中東では煮込み、インドでもカレーやスープとして良く食べられているレンズ豆ですが、ミャンマーでも良く食べられている豆です。

調理法としては、主にスープで食されており、ヒン(カレー)やジョー(炒め物)を頼むとセットででてくるスープとして食べられています。

以前、「ミャンマー発酵」をテーマにした間借りイベントでお出しした「ペーネレイヒン(レンズ豆のスープ)」。

私は少し変化球を入れて、ペーボゥ(乾燥納豆の粉)を入れたバージョンと、中国貴州省発祥トマト発酵汁(紅酸湯)を加えてご提供しました。

ミャンマー発酵ランチプレート(ペーヒン)

ミャンマーでの基本的な食べられ方はシンプルに豆・ニンニク・オニオン・そしてスープの中に春雨が入るところでしょうか。

スパイスもほんの少し。
日本のお味噌汁のように胃に負担がかからず優しいスープです。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments