Myaung Mya Daw Choのモヒンガー
0 0 vote
Article Rating

シュエダゴンパゴダ 近くの絶対的な存在のモヒンガー店。

2019年のヤンゴン旅行、右も左もわからない私は、「バハンBahan」地区にあるホテルを予約。

シュエダゴンパゴダまで徒歩圏内でいける場所。

ホテル近くにヤンゴンで超有名なモヒンガー店「ミャウンミャ・ドーチョー」があることを知り、ホテルの豪華朝食バイキングをさておき、食べに向かいました。

Myaung Mya Daw Choの外観
Myaung Mya Daw Choの外観

朝7時時点、お持ち帰り、店内ともに賑わっています

モヒンガー発祥の地と言われている本場エヤワディのモヒンガーを体験!

いずれにしても、モヒンガー自体にそこまで期待を持っていなかった私。
ビルマ語もほとんどできない状態で、とにかく指差し作戦でオーダーしようと決めました。

入り口でトッピングを選ぶスタイル
入り口でトッピングを選ぶスタイル

なにがどの食材なのかわからない状態でしたが、指差しで3つほどオーダー。
麺の種類はなぜかいくつあったので、カスタマイズできるのかもしれません。

Myaung Mya Daw Choのモヒンガー
Myaung Mya Daw Choのモヒンガー

卓上には、モヒンガーを味変できるチリフレーク・ナンプラー・パクチー・レモン(これはコブミカンの実)が。
パクチー好きな私はこれでもかと乗せてしまいました。

Myaung Mya Daw Choのモヒンガー
Myaung Mya Daw Choのモヒンガー

それにしても、トッピング多すぎた(汗)

トッピングは、ミャンマー人が大好きというブーディージョー(夕顔揚げ)、ペーカッチョー(ひよこ豆かき揚げ)、ゆで卵。

Myaung Mya Daw Choは、川魚の出汁をふんだんに使い、バナナの茎を入れてシャキシャキ感を楽しめるのが特徴だそう。

スープは少しどろっとしていて(トッピングのせいもありますが)、魚の旨味とさまざな食材の旨味が織りなすスープ。
正直、モヒンガーは日本や、タイ・ベトナムの何かの料理に例えることができない唯一無二の味。

「こ、これはハマる!」
レモンとパクチーが加わることで一気に清涼感が増し、チリフレークもアクセントに。

写真ではみえませんが、バナナの茎のシャキシャキ感は他の野菜では代用できない食感。

これはミャンマー人に愛され続ける理由がわかる気がします。

おいしすぎて、滞在中に2回行ってしまった。

モヒンガーは魚を使うし、大量に作れば作るほど美味しくできるので、モヒンガー専門店じゃないと作るのも毎日量をさばくのも難しいそう。

Myaung Mya Daw Choは、ご紹介したシュエダゴンパゴダ付近以外にもダウンタウンに何店舗か支店があるそうなので、ヤンゴンに行った際は是非チェックしてみてください。


お店情報

店名:Myaung Mya Daw Cho(ミャウンミャ・ドーチョー)
住所: 118 Old Yae Tar Rd., Bahan Tsp., Yangon
営業時間:6:00~9:30

地図

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments