ミャンマーのバナナ(ンガピョーディ)
0 0 vote
Article Rating

◆利用性が多いバナナは、ミャンマーでも愛される果物&野菜

英名:バナナ(Banana) 和名:芭蕉 ミャンマ名:ガピョーディငှက်ပျောသီး

 

言わずと知れたバナナ。
東南アジアでよく食べられるバナナはミャンマーでもよく食べられていて、バナナの茎は国民食「モヒンガー」に使われていたり、先日ご紹介したバナナの花の蕾をサラダにしたり、バナナの葉で食材を包んで炭火で焼いた料理や蒸した料理などもたくさん。

そして、実を食べることも。

実は私は甘いものがあまり好きではないので果物への興味も少なめなのですが、高田馬場のとある某スーパーに食用アジアのバナナが普通に、そして格安で販売されているのを発見!

私たちが食べるバナナよりも、短くて太い。

早速購入したときは皮が青かったのですが少し放置していたら当たり前のように熟してきたので黄色に。

こうなったら、以前ヤンゴンの料理教室で教えてもらったバナナのデザートを作ろう!と思いレシピを思い返して再現。

とっても簡単な料理でバナナとココナッツミルク、砂糖を入れて煮るだけ。

砂糖の量は調節して甘さ控えめに。
出来上がりは上々で、たまには甘いものを作るのもいいなーと思った次第。

ミャンマーのデザート(オウンノガピョーディ)
ミャンマーのデザート(オウンノガピョーディ)

バナナ入りのサヌインマキン(ミャンマーの焼き菓子)も美味しいので
気が向いたらまたミャンマーのお菓子作りもトライしたいと思います!

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments