ミャンマーハーブ:レモングラス
0 0 vote
Article Rating

◆爽やかな香りが食欲をそそる代表的なハーブ

英名:Lemongrass 和名:レモングラス ミャンマー名:Za Ba Lin(ザバリン)

爽やかな香りが食欲をそそるレモングラス。
タイ料理でおなじみのハーブはミャンマー全土で使用されています。
私が調べた限りでは、カレン・ラカイン・モン・シャン・ビルマの料理でもレモングラスを使う料理がありました。

食べ方は根っこ部分を石で叩いてハーブライスにしたり、モヒンガーのようなスープに入れたり、鶏や牛肉と一緒に煮込んでヒンにしたりと実に多種多様。

シャン州の少数民族ダヌー族のライスサラダにもレモングラスが使われています
シャン州の少数民族ダヌー族のライスサラダにもレモングラスが使われています

また、面白いのがミャンマーではビルマ族の次に多い民族シャン族は、中国では「ダイ族(傣族)」と呼ばれ、大くくりでは同じ民族。

そして、この傣族はレモングラスをつかった「傣味香草烤鱼」という料理でレモングラスをぐるぐるまきにして炭火で焼く豪快料理がとても有名。

思いを馳せて、キャンプでいざ実践!

ティラピアをキャンプで食べる人はなかなかレアなのではないかと(笑)
お腹にその他香味・ハーブを詰め、レモングラスをぐるぐる巻きにするのは技が必要で苦労しましたが、焼き上げた魚は表面にレモングラスの香りが映ってなんとも香ばしくて美味しい!

ダイ族のレモングラス魚焼きをキャンプで実践
ダイ族のレモングラス魚焼きをキャンプで実践
レモングラスをぐるぐるにするの大変でした
レモングラスをぐるぐるにするの大変でした
ティラピアレモングラス焼き
ティラピアレモングラス焼き

ミャンマー料理を食べたことがないキャンプ仲間にも好評でした!

そして、このサイトにもレモングラスを使ったレシピをアップしています。

ミャンマービーフ&レモングラスカレー(アメータヒン)
レシピ:ミャンマービーフ&レモングラスカレー(アメータヒン)

ビルマココナッツチキンカレー
レシピ:ビルマココナッツチキンカレー


ミャンマーのカレーはスパイスは少しですが、逆にそれぞれの風味が際立つ良さもあるかもしれません。
よかったらぜひ作ってみてくださいね。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments