スパイス:唐辛子粉(ガヨーディモン)
0 0 vote
Article Rating

◆主にビルマ料理で使われることが多い唐辛子粉

英名:Chillie   日本語:唐辛子粉 チリパウダー ミャンマー語:Nga Yoke Thee Hmont (ガヨーディーモン)

”ガヨーディー”とは、唐辛子を指す言葉で、”モン”とうのは「粉もの」を表す言葉。
乾燥唐辛子(いわゆる鷹の爪)は、ガヨーディ”チャウン”=乾燥したと言います

赤い色味がそそる鶏のおかず「チェッターヒン 」が人気になりましたが、
ビルマのチェッターヒン には唐辛子、パプリカ粉もしくはホットパプリカ粉が使われています。

ミャンマー自体でももちろん乾燥唐辛子を作っているようですが、一部インドから輸入されているものもあるということを現地で耳にしました。

そんなビルマ料理には欠かせないスパイス唐辛子粉ですが、カチン族やモン族、カレン族の料理にはあまり使われていないようです。

ここが、ミャンマー料理の民族や地域性の違いを感じで面白いところでもあります。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments