ミャンマーのやし砂糖(タニェ)
0 0 vote
Article Rating

◆ビルマ料理に出てくるお茶請け的な役割も果たす砂糖の塊(タニェ)

英名:Jaggery , Palm Suger  和名:ヤシ砂糖 ミャンマー語:Hta Nyet(タニェッ)

ミャンマーでは日本に流通している白砂糖のような砂糖はあまり使われていなく、ご紹介するこのヤシ砂糖・Jaggaryジャガリーの赤砂糖の塊「タニェ」。

ミャンマーのやし砂糖(タニェ)
ミャンマーのやし砂糖(タニェ)

塊自体はかなり固くて、歯でかじって崩れる程度。
ビルマ料理(アニャー料理)でおかずを頼むと、副菜や野菜・ラペソーの盛り合わせなどいろいろなものがついてくるのですが、このタニェが乗ったおわんも出てくることが多いです。

ビルマ料理店でおかずを一つ頼むとこのような副菜が自動的にでてくる
ビルマ料理店でおかずを一つ頼むとこのような副菜が自動的にでてくる
ビルマ料理で出てくる甘いお菓子(後ろにタニェ)
ビルマ料理で出てくる甘いお菓子(後ろにタニェ)

そして、タマリンド風味に味つけられているものは、酸味もあってとても美味しい!
お土産にもらったこのタニェも、日本に戻ってから一人で食べてしまったほど。

ヤシ砂糖にタマリンドエキスを加えたお菓子
ヤシ砂糖にタマリンドエキスを加えたお菓子

やさしい甘さで、日本のきび砂糖に近い風味を持っています。

そして、お料理ではこのタニェを、包丁で細かく砕いてから使ったり、
あらかじめ水と合わせて溶かし煮たものが使われています。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments